リバウンドしないための食事制限方法

リバウンドが起きないダイエットをしたければ、食事制限をしすぎないようなカロリーコントロールが重要です。どれだけ努力を重ねて体重を減らしていても、リバウンドが起きるとせっせと減らした体重が一気に元通りになってしまいます。食事の量を少なくする場合、やみくもに食べる量を減らしてもリバウンドするだけですから、どのようにするかが重要になります。短期間に大幅なダイエットを目指すよりも、時間をかけて少しずつ体重を減らすほうが、リバウンドは回避できます。毎日欠かさず自分の体重の記録をつけていくことで、停滞期かどうかを判断することができます。ダイエットをするとリバウンドが起きることは、人間がもともともっている生命維持機能の一環ともいえます。度が過ぎる食事制限をしていると、生きていくために必要なカロリーが不足していると体が感じて、エネルギーの無駄遣いをやめようとします。人の体は、誰でもこのホメオスタシスという機能を備えており、このホメオスタシスがあるせいでダイエット中の停滞期が起こります。ダイエット中に停滞期になると、体重の減りが鈍化して食事制限を継続する意欲が薄れてしまいますが、それで食事量を今までどおりにすると、停滞期は続いているため、太りやすくなるのです。リバウンドのないダイエットをするには、自分の体が今、停滞期になっているかを知ることが大事ですので、体重を記録することは意味があります。数値を管理することができるため、身体に大きな負担のかかる無理な減量など、健康を害するようなダイエットを防ぐことができます。食事制限のしすぎは、健康にもよくないですし、リバウンドの原因にもなりますので、体に負担がかからないように少しずつ痩せるようにしましょう。